top of page

1月14日(火)

|

第三世代大学 大人の塾SiN

食品栄養学⑥ そしゃく・えんげ機能が悪くなった時の食事

講師:畦西 克己(大阪大学歯学部付属病院 栄養管理室 副室長・博士) 必要な栄養素を食物として口から取り込み、そしゃくからえんげへと一連の流れで食べ物が消化、吸収されていきます。特に、えんげ機能が低下すると肺炎などの病気を引き起こします。そしゃく・えんげの大切さと機能が低下した時の食事について解説します。

お申し込みの受付は終了しました。
他のイベントを見る
食品栄養学⑥ そしゃく・えんげ機能が悪くなった時の食事
食品栄養学⑥ そしゃく・えんげ機能が悪くなった時の食事

日時・場所

2020年1月14日 13:30 – 15:00

第三世代大学 大人の塾SiN, 日本、大阪府大阪市北区小松原町2−4

参加者

イベントについて

講師:畦西 克己(大阪大学歯学部付属病院 栄養管理室 副室長・博士)

必要な栄養素を食物として口から取り込み、そしゃくからえんげへと一連の流れで食べ物が消化、吸収されていきます。特に、えんげ機能が低下すると肺炎などの病気を引き起こします。そしゃく・えんげの大切さと機能が低下した時の食事について解説します。

受講チケット申込

  • 食品栄養学⑥ そしゃく・えんげ機能が悪くなった時の食事

    講師:畦西 克己(大阪大学歯学部付属病院 栄養管理室 副室長・博士) 必要な栄養素を食物として口から取り込み、そしゃくからえんげへと一連の流れで食べ物が消化、吸収されていきます。特に、えんげ機能が低下すると肺炎などの病気を引き起こします。そしゃく・えんげの大切さと機能が低下した時の食事について解説します。

    ¥1,500

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page