top of page

12月16日(金)

|

大阪富国生命ビル4F まちラボAルーム

健康薬学④ 21世紀の医薬品は分子標的薬

【講師:山口明人】 薬の多くは自然界から効能を目安に発見され、作用機序は後から解明されてきました。ところが、今日では多くの医薬品が、疾病の元となる原因分子に直接効くよう設計され作られるようになってきています。探索から設計へ、それが分子標的薬です。

健康薬学④ 21世紀の医薬品は分子標的薬
健康薬学④ 21世紀の医薬品は分子標的薬

日時・場所

2022年12月16日 13:30 – 15:00 JST

大阪富国生命ビル4F まちラボAルーム, 日本、〒530-0018 大阪府大阪市北区小松原町2−4

参加者

イベントについて

薬の多くは自然界から効能を目安に発見され、作用機序は後から解明されてきました。ところが、今日では多くの医薬品が、疾病の元となる原因分子に直接効くよう設計され作られるようになってきています。探索から設計へ、それが分子標的薬です。

チケット詳細

  • 健康薬学④ 21世紀の医薬品は分子標的薬

    薬の多くは自然界から効能を目安に発見され、作用機序は後から解明されてきました。ところが、今日では多くの医薬品が、疾病の元となる原因分子に直接効くよう設計され作られるようになってきています。探索から設計へ、それが分子標的薬です。

    ¥1,500

合計

¥0

このイベントをシェア

bottom of page